流産後の妊活はいつから再開して良いの?

待望の赤ちゃんを授かったのに流産してしまった、という経験をお持ちの人は少なくないと思います。流産後はどれくらい期間を空ければ次の妊娠が可能になるのでしょう。流産後の妊活再開時期について考えてみたいと思います。
MENU

流産後の妊活はいつから再開して良いの?

流産の原因とは?

流産の原因は、発生する時期によっても異なります。
妊娠12週までに起きる初期流産の多くは、受精卵の異常が原因です。精子か卵子に染色体異常があると、受精卵の細胞分裂が上手く行われず、その結果流産してしまうと考えられています。流産は全妊娠の10~15%で発生するともいわれており、決して珍しいものではないとされています。また、初期流産は染色体異常で起きるものなので、「無理をしたせいだろうか」などと自分を責める必要はありません。
一方、妊娠12週を過ぎてから起きる流産は、初期の段階から子宮口がゆるんでしまう・子宮内で感染が起きる・子宮の形に異常があるなど、母体の器質的な疾患が理由となるケースも多く、初期流産とは分けて考える必要があります。

 

流産後の妊活再開時期は?

流産や子宮外妊娠の後は、基本的に2回月経が来たら妊活を再開して良いといわれています。健全な生理周期が戻ってきたということは、ホルモンバランスや子宮・卵巣などの状態が元通りに回復してきた証でもあるため、正常な月経が2回来たら、妊活を再開しても問題はないと思われます。ただし、回復の速度は個人によって異なるため、妊活を再開する場合はかならず主治医に相談することをお勧めします。
また、流産は体へのダメージ以上に、心にダメージを与えます。特に、妊娠12週以降に流産をした場合は、赤ちゃんを失ったショックでなかなか立ち直れない人も少なくありません。そんな時は、無理に焦って妊活を再開するよりも、前向きな気持ちを取り戻せるまで、心も休ませてあげることが大切です。

 

再び流産をしないための対策とは?

流産をした後は妊娠しやすいという説もありますが、体質や、卵管が変形しているなど器質的に問題がある場合は、流産を繰り返してしまうリスクもあります。すべての人がそうだというわけではありませんが、1度でも流産をした場合は、「再び流産をするリスクがある」という可能性を頭に置いておく必要があります。
では、流産をしないためには、どうすれば良いのでしょう。基本的には、普通の妊活と同様に、自分の体の状態をきちんと把握しておくことが大切です。
まず、基礎体温をしっかり記録し、妊活を再開するための体の準備が整っているかを確認すること。そして、高温期が16日以上続いたら、早めに産婦人科を受診すること。最後に、出血や下腹部痛など普段と異なる症状がある時はすぐに診察を受けることが大事です。

 

流産後の妊活も夫婦一緒に葉酸サプリを飲んでいきくことをおすすめします。

 

妊活中の夫婦におすすめの葉酸サプリ

 

 

 

このページの先頭へ